公表論文のページ

国内口頭発表等   国際会議等

■教授  西村伸也(環境熱工学)

所属学会 : 日本機械学会、日本冷凍空調学会、日本伝熱学会、空気調和・衛生工学会、日本ヒートアイランド学会、 日本太陽エネルギー学会、化学工学会、エネルギー・資源学会、可視化情報学会、日本混相流学会

近年の主な研究テーマ

(エネルギーの創生と有効利用に係わる研究領域−環境熱工学−の展開に取り組んでいる)
・熱駆動ヒートポンプ・冷凍機の高性能化に関する研究
・都市型バイオコージェネレーションシステムに関する研究
・ヒートアイランドに関する都市空調システムの検討
・都市のエネルギー消費実態調査とオープンデータベースの構築
・自然エネルギーを活用した環境共生型まちづくりに関する研究, など


■教授  伊與田浩志(熱プロセス工学)

所属学会 : 日本機械学会、化学工学会、日本食品工学会、日本熱物性学会、日本冷凍空調学会、 日本伝熱学会、農業機械学会、日本建築学会、日本調理科学会

近年の主な研究テーマ

・過熱水蒸気・高湿度空気の高度利用研究(非定常凝縮伝熱のモデル化,乾燥・食品加工,湿度計測と制御,他)
・食品工場,プラントや厨房(業務用・家庭用)の省エネルギー化手法の多面的検討
・色彩と光沢の評価装置の開発(生活科学研究科との共同研究)
・病院・福祉施設の給食サービスに関する社会科学的研究(大阪市立大学 知と健康グローカル事業 学内外共同研究)
など


■講師  増田勇人(熱プロセス工学)

所属学会 : 日本機械学会,化学工学会,日本食品工学会,日本レオロジー学会,日本混相流学会,日本熱物性学会,日本伝熱学会

近年の主な研究テーマ

・テイラー渦流系における移動現象に関する研究
・熱流体工学をベースとした化学・食品プロセス強化に関する研究
・複雑流体系における相変化現象に関する研究
など


■助教  藤本恵美子(熱プロセス工学)※日立造船(株)とのクロスアポイントメント教員

所属学会 : 日本機械学会

近年の主な研究テーマ

・カーボンニュートラル実現のためのエネルギーサイクルの研究
など


■論文または著書・解説記事等

<2021年度>
閉鎖空間内にある材料の非接触測色法の提案
磯見麻衣,酒井英樹,伊與田浩志
日本建築学会技術報告集,27(67),pp.1166-1170.(2021.10)
AIJ J. Technol. Des. Vol. 27, No.67, 1166-1170, Oct., 2021
DOI https://doi.org/10.3130/aijt.27.1166

秋田聖子,澤田歩実,角井美穂,赤尾正,伊藤智,伊與田浩志,甲斐達男,田邊 公一,朝見祐也
給食施設における新しい調理システム開発の試み〜高圧処理した調理済み食品の美味特性解析〜
日本調理食品研究会誌(Prepared foods and technology),27(1): 1-8.(2021)
Development new cooking system in Mass Food-serviced Institutions -Analysis of palatability of cooked foods processed by high pressure treatment-
Seiko AKITA,Ayumi SAWADA,Miho KAKUI,Tadashi AKAO, Satoshi ITO, Hiroyuki IYOTA, Tatsuo KAI,Koithi TANABE,Yuya ASAMI

Hayato Masuda,Hiroyuki Iyota, Naoto Ohmura
Global Convection Characteristics of Conical Taylor-Couette Flow with Shear-Thinning Fluids
Chem. Eng. Technol. 2021, 44, No. 11, 2049?2055

M. Sawano, H. Masuda, H. Iyota, M. Shimoyamada
Melting Characteristics of Ice Cream Prepared with Various Agitation Speeds in Batch Freezer
Chem. Eng. Trans., Vol. 85, pp. 337-342 (2021)


<2020年度>
@20001
複雑形状物の色彩・光沢・再帰の同時非接触測色システム
酒井英樹,伊與田浩志
ケミカルエンジニアリング, Vol.65, No.8, pp.501-505 (2020.8)

@20002
[食品技術講座6:食品の安全・品質に関する技術講座,第83回 食品加工におけるオーブンの技術講座(3)]
水蒸気を利用したオーブン加熱・蒸し加熱の技術動向
伊與田浩志,増田勇人,杉山久仁子
冷凍,Vol.95 No.1115,pp.23-36 (2020.10)

@20003
[食品技術講座6:食品の安全・品質に関する技術講座,第84回 食品加工におけるオーブンの技術講座(4)]
スチームコンベクションオーブンが調理に与える影響
杉山久仁子,伊與田浩志
冷凍,Vol.95 No.1116,pp.30-33 (2020.11)

H. Masuda, M. Sawano, K. Ishihara, M. Shimoyamada
Effect of Agitation Speed on Freezing Process of Ice Cream Using a Batch Freezer
J. Food Process Eng., Vol. 43 No. 4, e13369 (2020)
https://doi.org/10.1111/jfpe.13369

M. Shimoyamada, H. Shikano, S. Mogami, M. Kanauchi, H. Masuda, K. Tsuzuki
Effect of Two-step Heat Treatment Processes on the Formation of Protein Particles and Oil Droplets in Soymilk
Food Sci. Technol. Res., Vol. 26 No. 3, pp.445-450 (2020)
https://doi.org/10.3136/fstr.26.445

Y. Iwamura, T. Horie, Y. Watabe, H. Masuda, S. Wang, K. Hirai, N. Kumagai, K. Taniya, Y. Ichihashi, Y. Komoda, M. Ohmura
Gas Absorption Enhancement of Slug Flow in the Presence of Non-Porus Silica Fine Particles
J. Chem. Eng. Japan, Vol. 53 No. 8, pp. 409-413 (2020)
https://doi.org/10.1252/jcej.19we155

M. Matsumoto, H. Masuda, R. Hubacz, T. Horie, H. Iyota, M. Shimoyamada, N. Ohmura
Enzymatic Starch Hydrolysis Performance of Taylor-Couette Flow Reactor with Ribbed Inner Cylinder
Chemical Engineering Science, Vol. 231, 116270 (2021) (Vol. 234のCover imageに採択)
https://doi.org/10.1016/j.ces.2020.116270



<2018年度>
○18001
Characteristics and Mechanism of Bubble Formation in Plastic Packaging for Food
T. INOUE (Toyo College of Food Technology), T. SHIONO (Toyo College of Food Technology), H. IYOTA
Japan J. of Food Eng., Vol. 16, No. 3, pp.145-150 (2018)
DOI: 10.11301/jsfe.17507

?パン・菓子の製造装置における水蒸気利用技術に関する研究
伊與田浩志,辻岡哲夫,酒井英樹
公益財団法人飯島藤十郎記念食品科学振興財団,平成29年度年報(第33巻),pp.381-386(2018)

?日本熱物性学会賞論文賞を受賞して
伊與田浩志
熱物性, Vol.33, No.1, p.5(2019)


<2017年度>
○17002
Measurement of constant drying rate of wet material placed in a fluidized bed of inert particles under reduced pressure
Yuji Tatemoto(Shizuoka Univ.), Ryo Ogawa(Shizuoka Univ.) and Hiroyuki Iyota
Drying Technology, Vol. 36, No. 11, pp.1380-1386 (2017)
Drying Technology, (7 pages) (Published online: 27 Dec 2017)
DOI: 10.1080/07373937.2017.1403926

?高温・高湿度域の湿度計測と利用の最前線
伊與田浩志
伝熱,56(237),pp.17-23(2017.10)
Frontier of Measurement and Utilization of High Humidity over Boiling Point Temperature
Hiroyuki IYOTA
J.HTSJ,Vol.56,No237,pp.17-23(2017.10)
http://www.htsj.or.jp/wp/media/2017_10.pdf

?調理科学と機械工学
伊與田浩志
日本調理科学会誌,50,創立50周年記念増刊号(? 学会のこれからを考える 期待と要請,〔2〕調理科学関連分野からのメッセージ),pp.52-53(2017)
https://doi.org/10.11402/cookeryscience.50.S50 (Free)

○17001
Development of Two New Types of Retroreflective Materials as Countermeasures to Urban Heat Islands
Hideki Sakai, Hiroyuki Iyota
Int. J. Thermophys, (2017) 38:131 (10 pages) (Published online: 11 July 2017)
DOI 10.1007/s10765-017-2266-y

?パン・菓子の製造装置における水蒸気利用技術に関する研究
伊與田浩志,辻岡哲夫,酒井英樹
公益財団法人飯島藤十郎記念食品科学振興財団,平成28年度年報(第32巻),pp.409-414(2017)


<2016年度>
○16001
食品焼成用オーブン庫内における加熱環境測定装置の開発
-リールオーブン内の温度・湿度分布のワイヤレス測定―
児玉 飛翔,尾崎 太郎,森川 暉大,伊與田 浩志,辻岡 哲夫
計測自動制御学会論文集,Vol. 52, No.12 pp.707-712 (2016)
http://doi.org/10.9746/sicetr.52.707

?パン・菓子の製造装置における水蒸気利用技術に関する研究
伊與田浩志,辻岡哲夫
公益財団法人飯島藤十郎記念食品科学振興財団,平成27年度年報(第31巻),pp.366-371(2016)


<2015年度>
○15006
湿潤多孔質セラミックスを用いた高温気流の湿度測定法に関する研究
Study on Humidity-Measuring Method Using Wetted Porous Ceramics for High-Temperature Gas
三浦孝平,松本泰希,伊與田浩志,森川暉大,辻岡哲夫,田中倫明,上杉直輝
Kohei MIURA, Taiki MATSUMOTO, Hiroyuki IYOTA, Akihiro MORIKAWA, Tetsuo TSUJIOKA, Michiaki TANAKA and Naoki UESUGI
熱物性(日本熱物性学会会誌),Vol.30,No.1,pp.9-17(2016.2)
Japan Journal of Thermophysical Properties

○15005
肉類のオーブン加熱終了後の内部温度変化に及ぼす角皿の熱容量,オーブンの種類,および覆い時間の影響
大石恭子,石渡仁子,高崎禎子,中村恵子,松田康子,伊與田浩志,杉山久仁子,渋川祥子
日本調理科学会誌 (Journal of Cookery Science of Japan), 49(1),pp.35-42(2016.1)
Effects of Cooking and Placement Conditions,Heat Capacity of Oven Plate, and Thickness of the Sample on the Change of Internal Temperatures of Meat Sample after Oven Cooking

15004
○肉類のオーブン加熱終了後の内部温度変化に及ぼす加熱・放置条件,角皿の熱容量及び試料の厚さの影響
中村恵子,中本恵子,八木千鶴,渡辺豊子,石渡仁子,大石恭子,高崎禎子,松田康子,山形純子,伊與田浩志,杉山久仁子,渋川祥子
日本調理科学会誌 (Journal of Cookery Science of Japan), 49(1),pp.26-34(2016.1)
Effects of Cooking and Placement Conditions,Heat Capacity of Oven Plate, and Thickness of the Sample on the Change of Internal Temperatures of Meat Sample after Oven Cooking
Keiko Nakamura, Keiko Nakamoto, Chizuru Yagi, Toyoko Watanabe, Kimiko Ishiwata, Kyoko Oishi, Sadako Takasaki, Yasuko Matsuda, Junko Yamagata, Hiroyuki Iyota, Kuniko Sugiyama, Shoko Shibukawa

?ドライシンドロームの基礎と臨床
(監修 ドライシンドローム学会 坪田一男,斎藤一郎)
「乾湿計による湿度測定の原理と応用」,伊與田浩志,鈴木崇士
メディカルレビュー社, pp.75-81(2016.1)
ISBN 978-4-7792-1617-6 C3047

15003
○水蒸気の凝縮熱を利用した環境保全型水稲種子消毒装置の開発(第2報)
-モデル予測制御に基づく制御手法の開発-
Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineering
野田崇啓,日?靖之,伊與田浩志,中村透,軽部勇希
農業食料工学会誌,78(1), pp.95-105(2016.1)

?オーブン型加熱装置内における処理環境プロファイルの実測定装置の開発
伊與田浩志
公益財団法人飯島藤十郎記念食品科学振興財団,平成26年度年報(第30巻),pp.26-32(2015)

15002
○水蒸気の凝縮熱を利用した環境保全型水稲種子消毒装置の開発(第1報)
-処理条件の選定と病害防除効果-
野田崇啓・日?靖之・伊與田浩志・越智昭彦・酒井和彦・薮哲男・上垣陽平・三室元気・守川俊幸・磯田淳・星野滋・有江力・中村透・軽部勇希
Development of an Environment-friendly Disinfection Device for Rice Seed Using Steam Condensation Heat (Part 1)
-Selection of Treatment Condition and Its Control Effect-
Takahiro NODA,Yasuyuki HIDAKA,Hiroyuki IYOTA,Akihiko OCHI,Kazuhiko SAKAI,Tetsuo YABU,Yohei UWAGAKI,Genki MIMURO,Toshiyuki MORIKAWA,Jun ISOTA,Shigeru HOSHINO,Tsutomu ARIE,Toru NAKAMURA,Yuki KARUBE
農業食料工学会誌,77(5), pp.371-383(2015)

○15001
「見える化」手法を活用した省エネ教育の効果(給食工程における実践的検討)
上田由喜子,伊與田浩志,山形純子,池田昌代,千須和直美,福井充
日本食育学会誌,第9巻第2号,pp.177-185(2015.4)


<2014年度>
?過熱水蒸気を利用した乾燥と加熱
伊與田浩志,井上保
冷凍,Vol.89(No.1045),pp.13-18(2014.11)

?過熱水蒸気の基礎と技術動向
伊與田浩志
食品と開発,Vol.49,No.11, pp.4-6(2014)(UBMメディア株式会社)

○14002
水蒸気の凝縮熱を利用した環境保全型水稲種子消毒技術に関する研究
野田崇啓、伊與田浩志、日?靖之、井上保、横江未央
Technical Development of an Environment-friendly Disinfection Method for Rice Seed Using Steam Condensation Heat
Takahiro NODA,Hiroyuki IYOTA,Yasuyuki HIDAKA,Tamotsu INOUE,Mio YOKOE
農業食料工学会誌, Vol.76(No.6), pp.555-563(Nov. 2014)

○14001
吸収式冷房システムへの太陽熱の導入効果 −植物工場への適用可能性の検討−
Effects of Introducing Solar Heat to Absorption Cooling System −Feasibility Study of Solar Thermal Energy Utilization to Plant Factory−
西村伸也, 松原為敏, 伊與田浩志, 白柳洋祐, 山賀勇真
Nobuya NISHIMURA, Tametoshi MATSUBARA, Hiroyuki IYOTA, Yosuke SHIRAYANAGI, Yuuma YAMAGA
日本冷凍空調学会論文集,31(3), pp.317-329 (2014)


<2013年度>
?分散・塗布・乾燥の基礎と応用―プロセスの理解からものづくりの革新へ―
溶媒乾燥に伴う溶質・結晶の析出挙動
伊與田浩志
(株)テクノシステム,I-3-1, pp.265-272(2014.3)
ISBN 978-4-924728-70-7 C 3050

○13006
過熱水蒸気を利用したイネいもち病およびばか苗病の種子消毒効果
越智昭彦、野田崇啓、日高靖之、伊與田浩志、中村透
北日本病虫研報,64,pp.29-34(2013)
(北日本病害虫研究会/The Society of Plant Protection of North Japan)

○13005
Color Measurement Methods for Optimization of Oven Operation(Baking of Sliced Bread with Superheated Steam and Hot Air)
Hiroyuki IYOTA, Hideki SAKAI and Yusuke MAMIYA
Food Science and Technology Research, Vol. 19, No. 6. pp.939-947(2013.11)

?過熱水蒸気を利用した乾燥・加熱技術の動向
伊與田浩志
コンバーテック,No.489,pp.119-121(2013.12)
(ISSN 0911-2316 加工技術研究会)

○13004
Effects of popping on nutrient contents of amaranth seed
Taro Murakami, Aiko Yutani, Tetsuo Yamano, Hiroyuki Iyota, Yotaro, Konishi
Plant Foods for Human Nutrition, 5 page(published online: Nov. 2013, Springer)(Doi 10.1007/s11130-013-0392-7)
Plant Foods for Human Nutrition 69 (1), 25-29 (2014)

?過熱水蒸気・高湿度空気の利用技術(プロセスにおける水蒸気の濃度管理の重要性)
伊與田浩志
はかる(一般社団法人日本計量機器工業連合会),30-2(通巻111号),pp.12-15(2013.10)

?加熱媒体としての過熱水蒸気と湿り空気の利用
Use of superheated steam/moist air as heating media
伊與田浩志
冷凍,Vol.88(No.1031),pp.3-7(2013.9)

○13003
Effect of “visualization” of gas consumption on student's awareness about energy conservation during food service training
Nanae KURATATE, Hiroyuki IYOTA, Junko YAMAGATA, Tomohiro KAYANO, Masayo IKEDA, Naomi CHISUWA, Mitsuru FUKUI, Yukiko UEDA
(日本エネルギー学会)
Journal of the Japan Institute of Energy, 92(8),pp.695-701(2013.8)
j-stage(Free)Doi

○13002
給食経営管理実習中の消費電力の推算および実測によるエネルギー教育の試み
山形純子,伊與田浩志,小林慧子,菊崎泰枝
日本給食経営管理学会誌,Vol.7,No1,pp.31-42(2013.6)

○13001
給食経営管理実習における調理機器の使用実態とガス消費量の把握
Study of the gas consumption and cooking appliances used in food service management training
池田昌代,加藤亜由美,武田知江美,山形純子,伊與田浩志,細田明美,関千代子,君羅満
日本家政学会誌,第64巻,5号(通号577),pp.233-242,(2013.5)


<2012年度>
?過熱水蒸気と高温空気の混合気体を利用した加熱・乾燥
伊與田浩志
日本化学工学会バイオ部会 News Letter No.32, pp.4-7.(2013.2)

○12005
Method for Measuring Solar Reflectance of Retroreflective Materials Using Emitting-Receiving Optical Fiber
Hiroyuki Iyota, Hideki Sakai, Kazuo Emura, Norio Igawa, Hideya Shimada, Nobuya Nishimura
Journal of Heat Island Institute International, Vol.7-2, pp.213-217 (2012)
(Special Issue "the Heat Island 2009 Conference)
外部リンク(Free)

○12003
Reduction of Reflected Heat of the Sun by Retroreflective Materials
Hideki Sakai, Kazuo Emura, Norio Igawa, Hiroyuki Iyota
Journal of Heat Island Institute International, Vol.7-2, pp.218-221 (2012)
外部リンク(Free)

○12004
水蒸気凝縮を伴う調理オーブンの伝熱機構解析
山形純子,伊與田浩志,西村伸也
日本食品科学工学会誌 Vol. 59(10), pp.491-502, (2012.10)
Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi, Vol.59(10), pp491-502 (2012)

○12002
湿潤材料の温度測定による高温用広域湿度センサの開発 (多孔質セラミックスの感湿部材料への適用)
井上 保,伊與田浩志,一色 翔悟
日本機械学会論文集(B編),78(792),pp.1451-1461,(2012.8)
Development of High-Temperature Wide-Range Humidity Sensor by Wetted Material Temperature Measurement
(Application of Porous Ceramic into Sensing Element)
Tamotsu INOUE, Hiroyuki IYOTA and Shogo ISSHIKI
j-stage(Free)Doi

○12001
球状湿潤材料の温度測定による過熱水蒸気と空気混合比の簡易測定
(高温高湿度域に拡張した断熱冷却線に基づく推算)
伊與田浩志,一色 翔悟,井上 保,山形 純子
日本機械学会論文集(B編),78(790),pp.1267-1278,(2012.6)
Simplified Measurement Method for Steam Mole Fractions Based on Temperature Measurement with Wet Spherical Material
(Using Adiabatic Saturation Line Applied to High Temperature and High Humidity)
Hiroyuki IYOTA, Shogo ISSHIKI, Tamotsu INOUE and Junko YAMAGATA
j-stage(Free)Doi


<2011年度>
○11005
湿潤材料の温度測定による高温用広域湿度センサの開発
(循環水量の影響をふまえた測定精度の向上)
北原 貴志,伊與田 浩志,井上 保
日本機械学会論文集(B編),78(787),pp686-696,(2012.3)
Development of High-Temperature Wide-Range Humidity Sensor by Wetted Material Temperature Measurement
(Improvement of measurement accuracy by considering the effect of supplied water)
Takashi KITAHARA, Hiroyuki IYOTA and Tamotsu INOUE
j-stage(Free)Doi

○11004
過熱水蒸気と高温空気の混合気体を利用した水稲種子消毒装置の開発
野田崇啓,日高靖之,横江未央,伊與田浩志,井上保,西村俊成,越智昭彦,酒井和彦,中村透
農業機械学会誌,74(1),pp79-82(2012.1)

?高温湿り空気・過熱水蒸気の高度利用のための湿度モニタリング法
伊與田浩志
ケミカルエンジニヤリング,57(1),pp.71-76(2012.1)

?太陽エネルギー利用の実践と課題
Practice and Problem of the Solar Energy Use
西村 伸也
日本混相流学会誌,25(3),pp.221-228(2011.9)

○11003
Defatting and dehydration of meat products during heating in steam convection oven
Junko YAMAGATA, Hiroyuki IYOTA, Kuniko SUGIYAMA and Nobuya NISHIMURA
Journal of the Japanese Society for Experimental Mechanics 2011, Vol.11, pp.86-91 (2011.9)
j-stage(Free)Doi

○11002
肉類のオーブン加熱終了後の内部温度変化に及ぼす放置条件の影響
Effects of placed conditions on the internal temperature change after oven heating of meat and poultry
高崎 禎子,阿部 芳子,石渡 仁子,中村 恵子,原 知子,松田 康子,山形 純子,伊與田 浩志, 杉山 久仁子,渋川 祥子
(日本調理科学会加熱調理研究委員会 余熱研究グループ)
日調科誌,44(4),pp277-285,(2011.8)
CiNii(Free)

○11001
指向性を有する再帰反射材の試作及び日射反射特性の測定
―指向性再帰反射材によるヒートアイランド対策 その1―
酒井英樹,伊與田 浩志,永村一雄,井川憲男
日本建築学会構造系論文集 第76巻 第665号,1229-1234,(2011.7)
DEVELOPMENT AND EVALUATION OF DIRECTIONAL RETROREFLECTIVE MATERIALS
-Directional retroreflective materials as a heat island countermeasure Part 1-
J. Struct. Constr. Eng., AIJ, Vol. 76 No. 665, 1229-1234, (Jul., 2011)
J-stage(Free)


<2010年度>
○10005
大量調理施設におけるエネルギー消費意識の実態調査と管理栄養士養成課程の学内給食実習におけるエネルギー消費量「見える化」の試み
Investigating of the Actual Awareness of Energy Consumption among Mass Cooking Staff and Attempt at the "Visualization Method" of Energy Consumption in the Registered Dietitians' Training Course 
山形純子,伊與田浩志,山岸あづみ,赤尾正,菊?泰枝,西村伸也,藤原政嘉
日本給食経営管理学会誌,5(1),pp29-37(2011.1)

○10004
デジタルカメラを用いた食品の焼き色評価装置の開発
伊與田浩志,酒井英樹,高砂裕行,島田秀弥
日本食品工学会誌,11(4),pp203-213,(2010.12)

○10003
Volume of a liquid drop detaching from a sphere
Kenji Katoh, Hiroyuki Iyota, Tamotsu Inoue and Tomoya Tsujino
Heat Transfer Asian Research, 39(6), pp.396-409 (2010.9)

○10002
含水多孔平板の誘電乾燥発熱率
今駒 博信, 坪田 圭司, 堀江 孝史, 大村 直人, 伊與田 浩志
化学工学論文集, 36, pp.379-382 (2010.7)

○10001
Prediction Method for Drying Time of Wet Porous Material in Humid Hot Air and Superheated Steam
Tamotsu INOUE, Hiroyuki IYOTA and Nobuya NISHIMURA
Drying Technology, 28(5), pp.608-614 (2010.5)


<2009年度>
○09005
構成要素の高性能化が蒸気圧縮式空調機の運転特性に及ぼす影響の総合的評価,−ら旋溝付管が性能に及ぼす影響−
四宮徳章,西村伸也,伊與田浩志
日本冷凍空調学会論文集,27(1), pp.11-20 (2010.3)

?過熱水蒸気乾燥-広範囲な水蒸気濃度の利用と制御の重要性-
伊與田浩志
分離技術,39(6), pp.30-36 (2009.12)

?スチコンとポップアマランス
伊與田浩志,山形純子
熱物性(日本熱物性学会会誌), 23(4) pp.216-221 (2009.11)

○09004
Effect of Pore Size Distribution on Heat and Moisture Transfer in Porous Material for High Humidity Hot Air and Superheated Steam Drying
Tamotsu INOUE, Hiroyuki IYOTA, Nobuya NISHIMURA and Masamichi YOSHIDA
Journal of the Japanese Society for Experimental Mechanics 2009, Vol.9, pp.54-59 (2009.9)
j-stage(Free)

○09003
Drying Characteristics of Porous Materials Containing Sucrose/NaCl Aqueous Solution at Wide Range of Steam Partioal Pressures
Hiroyuki IYOTA, Satoshi FUJITA, Naoya KINOSHITA, Masamichi YOSHIDA and Atsushi HASHIMOTO
Journal of the Japanese Society for Experimental Mechanics 2009, Vol.9, pp.48-53 (2009.9)
j-stage(Free)

?ヒートアイランド対策 −都市平熱化計画の考え方・進め方−
西村伸也
pp.51-55,pp.69-87,空気調和・衛生工学会編,(2009.5),オーム社

○09002
Optimal conditions for popping of amaranth seeds
T. Inoue, H. Iyota, T. Uemura, J. Yamagata, Y. Konishi and Y. Tatemoto
Drying Technology, 27(7), pp918-926 (2009.7)

○09001
球下端に付着した液滴の落下体積
加藤健司,伊與田浩志,井上保,辻野智也
日本機械学会論文集(B編),75(755),pp.1503-1509 (2009.7)
CiNii(Free)

?過熱水蒸気を用いた乾燥と利用技術
伊與田浩志,井上 保
FFIジャーナル,214(2), pp139-149,(2009.4)


<2008年度>
○08007
ヒートアイランド解析に有用な蒸気圧縮式空冷空調機の実性能簡易予測式の提案
四宮徳章,西村伸也,伊與田浩志
日本冷凍空調学会論文集,26(1) ,pp69-80, (2009.3)

○08006
ヒートアイランドに関する空調機の実運転特性および排熱特性の調査研究  第1報:ニューラルネットワークによるルームエアコンの実性能簡易測定手法の提案
四宮徳章,西村伸也,伊與田浩志,倉田 理
日本冷凍空調学会論文集,26(1) ,pp93-104, (2009.3)

○08005
温熱および運動負荷時における生体反応の解析−皮膚血流計を用いた循環系機能の計測と評価手法の検討−
伊與田浩志,大家 朗,山形純子,鈴木崇士,宮側敏明,河端隆志
日本冷凍空調学会論文集,26(1) ,pp121-129, (2009.3)

○08004
Effect of Humidity on Drying of Porous Materials in Fluidized Bed under Reduced Pressure
Yuji TATEMOTO, Ryosuke KIMURA, Hiroyuki IYOTA and Junko YAMAGATA
Drying Technology, 27(3),pp437-444, (2009.3)

○08003
ヒートアイランドに関する都市空調システムの検討−就寝時におけるルームエアコンの動的運転特性の予測および空調顕熱排熱量の時空間解析−
四宮徳章,西村伸也,伊與田浩志
日本ヒートアイランド学会論文集,Vol.4,pp.1-9,(2009.1)

?過熱水蒸気オーブンってなに?
伊與田浩志
日本機械学会誌,Vol.111,No.1081, pp956-957,(2008.12)
CiNii(Free)

?過熱水蒸気による加熱の基礎と装置開発
伊與田浩志
食品と開発,Vol.43,No.12, pp11-14,(2008.12)

?相変化伝熱(化学工学年鑑2008,熱工学)
伊與田浩志
化学工学,Vol.72,No.10, pp.524-525,(2008.10)

○08002
ヒートアイランドに関する都市空調システムの検討−エネルギー供給に基づく空調排熱の時空間特性の予測−
四宮徳章,西村伸也,伊與田浩志
空気調和・衛生工学会論文集,33(138),pp.29-38 (2008.9)
CiNii(Free)

?コージェネレーションからエコジェネレーションへ −環境共生型エネルギーシステムの模索−
西村伸也
コージェネレーション,Vol.23,No.2,pp.85-90,(2008.9)

?都市を冷やす−ヒートアイランドと都市空調システム(その1 都市のエネルギー消費と空調システムの性能・排熱量予測)
西村伸也,四宮徳章
日本ヒートアイランド学会誌,Vol.3,pp.29-35,(2008.8)

○08001
Effect of Gas Humidity on Material Temperature and Moisture Content Changes of Wet Spherical Porous Material in Humid Hot Air and Superheated Steam
Tamotsu INOUE, Hiroyuki IYOTA, Tomoki TANAKA and Nobuya NISHIMURA
Journal of the Japanese Society for Experimental Mechanics , Vol.8, Special Issue ,pp31-36 (2008.6)
j-stage(Free)


<2007年度>
○07004
Effect of Time-Dependent Humidity Profiles from Air to Superheated Steam on Drying of a Wetted Starch Sphere
Hiroyuki Iyota, Tamotsu Inoue, Junko Yamagata and Nobuya Nishimura
Drying Technology, 26(2), pp.211-221 (2008.2)

○07003
ヒートアイランドに関するルームエアコンの動的運転特性を考慮した実性能予測(外気温が性能へ及ぼす影響の評価)
四宮徳章,西村伸也,伊與田浩志,野邑奉弘
冷凍空調学会論文集,Vol.24,No.4,pp.145-156,(2007.12)

○07002
非親水性多孔平板の減率乾燥における乾き圏の水蒸気移動
伊與田浩志,今駒博信
化学工学論文集,Vol.33,No.6,pp.506-518,(2007.11)

?第1回全国大会報告 プレナリーセッション&一般講演
西村伸也
ヒートアイランド学会誌,Vol.2,pp.37-40,(2007.8)

○07001
高温気流中での球状多孔質材料の乾燥時間に与える乾・湿球温度の影響
井上 保,伊與田浩志,西村伸也,野邑奉弘
日本機械学会論文集(B編),73(728), pp.1068-1076,(2007.4)
j-stage(Free)

熱工学分野ホームページへ

<2006年度>
○06003
温度変化データを用いた乾燥速度の測定
西村伸也,瀧川悌二,伊與田浩志,今駒博信
化学工学論文集,Vol.33,No.2,pp101-106,(2007.3)

○06004
熱風リサイクル・材料静置型回分式熱風乾燥器のモデル化と性能評価
西村伸也,伊與田浩志,瀧川悌二,今駒博信
化学工学論文集,Vol.33,No.2,pp107-115,(2007.3)

○06002
固体高分子型燃料電池を用いた冷熱取り出し型ホームコージェネレーションシステムの開発 −第1報:システムのモデル化と性能解析
西村伸也,本田国昭,川上隆一郎,西河鋭長,伊與田浩志,野邑奉弘
日本冷凍空調学会論文集,Vol.24,No.1,pp13-24,(2007.3)

?過熱水蒸気を用いた乾燥の特徴と利用技術
伊與田浩志
粉体と工業,38(11),pp41-49,(2006.11),粉体と工業社.

○06001
低風速都市沿岸域に適したマイクロ風力発電システムの開発(第1報 代表的都市沿岸域の風況・発電特性)
西村伸也,伊與田浩志,松尾淳,野邑奉弘
太陽エネルギー,33(1),pp35-43,(2007)

?過熱水蒸気の特徴と利用技術
伊與田浩志,野邑奉弘
水−基礎・ヘルスケア・環境浄化・先端応用技術−,pp381-391,(2006.8),NTS

◇ヒートアイランドから見た大阪市域におけるエネルギー供給の時空間特性
西村 伸也,鍋島 美奈子,西岡 真稔,谷口 一郎,桝元 慶子,野邑 奉弘
日本ヒートアイランド学会論文集(設立記念特集号),pp43-50,(2006.7)

◇2005年の大阪市域における気温分布の特徴とヒートアイランドの発生状況
桝元 慶子,谷口 一郎,野邑 奉弘
日本ヒートアイランド学会論文集(設立記念特集号),pp57-62,(2006.7)


<2005年度>
○05004
アマランス種子の膨化加工の最適化(体積増加率向上のための気流温度と種子含水率の操作)
伊與田浩志,井上保,小西洋太郎,吉田香梨,西村伸也
化学工学論文集,32(2),pp167-172,(2006.3)

○05003
高温気流中での湿り澱粉球の乾燥に与える気流湿度の影響
伊與田浩志,井上保,西村伸也,野邑奉弘
日本食品工学会誌,6(4),pp237-243,(2005)
j-stage(Free)

?過熱水蒸気の基礎
伊與田浩志,野邑奉弘
食品工業,48(14),pp20-28,(2005),光琳

○05002
Popping of Amaranth Seeds in Hot Air and Superheated Steam
Hiroyuki IYOTA, Yotaro KONISHI, Tamotsu INOUE, Kaori YOSHIDA, Nobuya NISHIURA and Tomohiro NOMURA
Drying Technology, 23(6), pp1273-1287 (2005)

○05001
Measurement of Absorbed Power of Glass Particle Layer on Moisture Content and Drying Rate by Combined Convective and Microwave Drying
Hironobu IMAKOMA, Daisuke KATSURA, Kazuhiko KAWAMURA, Hiroyuki IYOTA and Nobuya NISHIMURA
Drying Technology, 23(6), pp1289-1301 (2005)

?第15回環境工学総合シンポジウム見学会報告,
西村伸也
日本機械学会環境工学部門ホームページ(http://www.jsme.or.jp/env/symp/symp2005-rep.html),(2005,12)

?冷凍・空気調和とエネルギー利用技術の動向(機械工学年鑑,日本機械学会環境工学部門),
西村伸也
日本機械学会誌, Vol.108, No.1041, pp.645, (2005.8)


<2004年度>
?化学工学事典(改訂4版)
,西村伸也(分担執筆),
(2005,3),丸善

?海と陸との環境共生学 −海陸一体都市をめざして−
野邑奉弘,西村伸也ほか
pp.179-210,(2004),大阪大学出版会

○04001
Effect of Moisture Content on the Expansion Volume of Popped Amaranth Seeds by Hot Air and Superheated Steam Using a Fluidized Bed System
Yotaro KONISHI, Hiroyuki IYOTA, Kaori YOSHIDA, Junko MORITANI, Tamotsu INOUE, Nobuya NISHIMURA and Tomohiro NOMURA
Biosci. Biotechnol. Biochem., 68 (10), pp2186-2189 (2004)
(Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry) j-stage(Free)Doi

?過熱水蒸気を用いた食品加工技術
伊與田浩志,野邑奉弘
水の特性と新しい利用技術,pp.191-198(2004.5),NTS


<2003年度>
?界面活性剤による吸収器の性能向上に関する研究(日本冷凍空調学会学術賞受賞記事),
西村伸也ほか,
冷凍,Vol.78,No.908,pp.445-446,(2003,6)

○03001
過熱水蒸気および高温空気気流中での炭水化物食品の乾燥(ジャガイモスライス表面の着色特性)
伊與田浩志,小西洋太郎,吉田香梨,西村伸也,野邑奉弘,吉田正道
化学工学論文集, 29(1)pp94-99, (2003)

?過熱水蒸気による乾燥処理法
伊與田浩志,野邑奉弘
Jasco Report, 7,pp71-74, (2003.11),ジャスコレポート社


<2002年度>
?環境工学部門研究業績賞を受賞して(日本機械学会研究業績賞受賞記事),
西村伸也,
日本機械学会環境工学部門ニュース,No.14,日本機械学会環境工学部門ホームページ(http://www.jsme.or.jp/env/),(2003,3)

?ものづくりと環境熱工学に関する教育・研究,
西村伸也,
伝熱,Vol.42,No.172,pp.23-26,(2003,1)

?過熱水蒸気による食品の乾燥
伊與田浩志,野邑奉弘
食品と開発,37(12),pp5-7,(2002)

?過熱水蒸気の高度利用による食品の高機能化
伊與田浩志
ネスレ科学振興会年報,No.8,pp58-64,(2002.6)

○02001
界面活性剤による吸収器の性能向上に関する研究(マランゴニ対流の発生・成長機構の解明と吸収促進効果の簡易評価法),
西村伸也,野邑奉弘,伊與田浩志,川上隆一郎,
日本冷凍空調学会論文集,19(3) ,pp223-235, (2002)

?過熱水蒸気乾燥法,
野邑奉弘,伊與田浩志,
化学工学,66(7),409-413,(2002)


<2001年度>
○01001
Simulation of Superheated Steam Drying Considering Initial Steam Condensation,
H.Iyota, N.Nishimura, M.Yoshida and T.Nomura,
Drying Technology,19(7), pp1425-1440, (2001).

○01002
Drying of Sliced Raw Potatoes in Superheated Steam and Hot Air,
H.Iyota, N.Nishimura, T.Onuma and T.Nomura,
Drying Technology,19(7), pp1411-1424, (2001)

○01003
全密閉形ロータリ圧縮機の高効率化の研究(ひずみゲージによる圧縮機のトルクの直接測定)
松島正年,野邑奉弘,西村伸也,伊與田浩志,稲場恒一,
日本冷凍空調学会論文集,18(1), pp39-50, (2001)


<2000年度>
?過熱蒸気乾燥,
野邑奉弘, 伊與田浩志,
「最近の化学工学52」乾燥工学の進展, pp28-34, (2000.11), 化学工業社.

○00003 吸収冷凍機吸収器の小型・高性能化研究(管ピッチ可変型吸収器を用いた吸収器形状の最適化検討),
西村伸也,野邑奉弘,伊與田浩志,上殿紀夫,
日本冷凍空調学会論文集,17(3) ,pp237-248, (2000)
Development of a High Performance and Compact Absorber for Absorption Refrigerator(Investigation of an Optimum Feature of Absorber by using a tube pitch variable Absorber), Trans. of the JSRAE.

○00002 吸収冷凍機吸収器の小型・高性能化研究(水平伝熱管型吸収器の吸収熱交換特性),
西村伸也,野邑奉弘,伊與田浩志,上殿紀夫,
日本冷凍空調学会論文集,17(3), pp223-235, (2000)
Development of a High Performance and Compact Absorber for Absorption Refrigerator (AbsorptionHeatTransferCharacteristics of a HorizontalSmoothTubeType Absorber), Trans. of the JSRAE.

○00004
過熱水蒸気乾燥における凝縮から蒸発への反転過程(球および無限平板の一次元伝熱モデルによる反転過程の簡易推算法),
伊與田浩志,西村伸也,野邑奉弘,
日本機械学会論文集(B編),66(650), pp.2681-2688,(2000)
Reverse Process of Superheated Steam Drying from Condensation to Evaporation (Simple Calculation Method of the Reverse Process bu using One-Dimensional Heat Transfer Models), Trans. of the JSME.
CiNii(Free)

○00001
Characteristics of Combined Heat Transfer of Superheated Steam Drying (Numerical Study on Coupled Cenvection and Gas Radiation Heat Transfer),
H.Iyota,N. Nishimura,T. Nomura,
Heat Transfer Asian Research,29,5,pp.385-399,(2000)

◇A Wireless home network and its application systems,
H.Fujieda, Y.Horiike, T.Yamamoto, T.Nomura,
IEEE Transactions on Consumer Electronics, Vol.46, No.2, pp283-290, (2000)


<1999年度>
○99001
A Reverse Process of Superheated Steam Drying from Condensation to Evaporation,
H. Iyota,N. Nishimura,T. Nomura,
Heat Transfer Asian Research,28,5,pp.352-366,(1999)

?低圧下における過熱水蒸気の非定常凝縮熱伝達とその応用に関する研究,
伊與田浩志,
冷凍, 74-860(1999), 32-33.
Study on Unsteady heat Transfer of Superheated Steam Under Low Pressure with Condensation and Its applications, Refrigeration.


<1998年度>
◇起動特性に適合した冷凍機用密閉型圧縮機の開発,
松島正年,野邑奉弘,村田充,
日本冷凍空調学会論文集,15(4),pp369-380,(1998)

○98002
Novel Water Facilities for Creation of Comfortable Urban Micrometeorology,
N.Nishimura,T.Nomura, H.Iyota and S.Kimoto,
Solar Energy, 64(4-6), pp.197-207(1998)

○98001
過熱水蒸気乾燥における複合熱伝達特性(気流からの対流とガス熱放射による複合熱伝達の数値計算),
伊與田浩志,西村伸也,野邑奉弘,
日本機械学会論文集(B編),64(619),pp.821-828 (1998)
CiNii(Free)


<1997年度>
○97002
過熱水蒸気乾燥における凝縮から蒸発への反転過程,
伊與田浩志,西村伸也,野邑奉弘,
日本機械学会論文集(B編),63(612),pp.2764-2770 (1997)
CiNii(Free)

○97001
都市微気象の創生型水施設の開発(実測による環境創生型水施設の提案と風洞モデル実験),
野邑奉弘,西村伸也,伊與田浩志,木本進弥,
太陽エネルギー,23,2,pp31-38(1997)


<1996年度>
◇ゴミ焼却飛灰の金属水銀除去能と除去機構,
西谷,福永,伊藤,野邑,
廃棄物学会論文誌,Vol.7,77-87(1996)

国内外での学会発表

分野ホームページへ
Last modified: Jan., 14, 2020